薬味に便利♪小ネギ(青ネギ)をペットボトルで栽培できます
小ネギをペットボトルで栽培

食卓にあると便利な「小ネギ」。
和食洋食問わず、薬味としても大活躍な小ネギ(青ネギ)は、5~6月が植え付けの絶好の季節です。
今回は、おうちにもあるペットボトルで、栽培する方法をご紹介します。

小ネギ(葉ネギ)を栽培してみる「若香ゴールド」

小ネギの栽培方法
小ネギは4月から7月下旬までと期間が長く種が蒔けるので、1回2回しくじっても大丈夫という利点があります。
日当たりのよいところを好みますが、種は嫌光性ですので直に植えるときは、深めに土をかけて丁度いいくらいです。

小ネギの種まきの注意点

今回使用したのは「若香ゴールド」という、葉ネギの中でも小ネギ向けの改良品種です。
プランターならば、直接植えても大丈夫ですが、畑に植える場合はバットに作って、苗間を適度に作っての植え替えがおすすめです。

今回はペットボトルの用土なので、直接蒔き覆い土をしっかりかけますが、プロの人は種の穴を土に開けて2.3粒蒔いてから、土をかけるそうです。
実際手間をかける分、何が違うのか検証してみました。

絶賛の検証結果「勢いと太さが違う」

こちらが普通に蒔いた場合です。
根元が露出しやすいので、風で倒れやすい。
小ネギの栽培普通の種まきの場合

そしてこちらがプロ直伝の種まきです。
発芽は遅かったけどスックとして力強いっぺ、これだっぺね(驚愕)
小ネギの栽培プロ直伝の種まき

結果として、「いいから言われた通りにしろ、悪いようにはしない」でした( ・`ω・´)
解説すると、根元がぐらつきにくくなるので生育が優秀ということから、倒れずらい苗になるので、早くから水やりが楽だからということのようです。

使用用土と栽培の環境について

基本的に小ネギは、水捌けのよい団粒構造の培養土を好みます。
団粒構造とは、いわゆる空気の層を作れる、ふかふかの土のことです。
プランターならば赤玉土やバーク堆肥、くん炭などは、層を作りやすい改良用土ということになります。

【小ネギ用土の配合一例】

  • 赤玉土
  • バーミキュライト
  • 腐葉土
  • バーク
  • 籾殻くん炭
  • ココピート
サンアンドホープ
¥396 (2024/06/15 11:32時点 | Amazon調べ)
プロトリーフ
¥449 (2024/06/16 08:17時点 | Amazon調べ)
自然応用科学(Shizennouyoukagaku)
¥699 (2024/06/15 17:29時点 | Amazon調べ)
大宮グリーンサービス
¥284 (2024/06/13 13:56時点 | Amazon調べ)

ペットボトルで栽培する場合

簡単なのが、ペットボトルで栽培する方法です。
ネギが大きく成長しても、下の受け皿に液肥を入れておけば、引き続き水耕栽培で、再生してきたものを切って食べられます。

注意点と対策

これからの時期は暑くなるので、藻や苔が発生しやすくなります。
アルミ箔や黒マルチ、布等で、ペットボトルを覆うと藻も生えず、土の肥料の奪い合いもなくなり生育を妨ぎません。
ネギが小さくなりますが、遮光もかねてだと牛乳パックでも作れます♪

【ペットボトル栽培で使うもの一覧】

  • 培養土(赤玉、腐葉土、バークなど)
  • スコップ
  • ペットボトル(1~2リットル容器)牛乳パックなど
  • 鉢底石
  • ドライバー(鉢穴あけ)
  • アルミホイル(遮光)
  • 覆い土
  • ハサミ
  • 肥料(芽だしは元肥入り用土なので無し)
小ネギのペットボトル栽培で使うもの

ペットボトル栽培では、赤玉土は小粒使用がおすすめ。
腐葉土は篩にかけて、残骸と微塵は除けて使用すること。鉢底石は薄めに敷いても大丈夫です。

今回の使用品種「若香ゴールド」の特徴

若香ゴールドは、青ネギ用に開発された品種になります。
青ネギ(いわゆる葉ネギ)を若どりしたものを「小ネギ」と称しますが、青々とした香り豊かな品種です。
小口切りにした時の色見映えもよいので、冷奴やお刺身に抜群の上品なネギです。

小ネギのペットボトル栽培タネに給水
*今回の種は2021年度産なので、給水させプライミング処理をしました。

栽培環境と追肥料について

種のうちは嫌光性のネギですが、発芽したら日光がよくあたる場所で栽培しましょう。
光が弱いと、ネギが細く弱々しくなってしまいます。
最初のうちは風雨に弱く、強い放水で簡単に流れてしまうので、霧吹きや如雨露でゆっくりかけることをおすすめします。
まあ、倒れても強い芽は又、上に伸びるんですが、腐ったらもったいないですからね(*´・ω・`)b

小ネギを使った美味しいご飯のお供「挽き肉と豆腐の焦がしネギ」

【材料】

  • 小ネギ(採れた分だけ、ペットボトル栽培4~6本分)
  • 挽き肉 100g
  • 焼き豆腐 半丁
  • 醤油 大さじ2~お好みで
  • 味噌 小さじ1
  • ニンニク 1かけら
  • 酒 小さじ1
  • サラダ油 大さじ2~お好みで
  • 砂糖、塩コショウ(肉にふる)、ラー油を適せん

【作り方】

  1. フライパンを熱し、サラダ油をいれ煙が出るまで熱します。
  2. ネギ、ニンニクを炒めます。ニンニクの香りが、香ばしく立ってくるまで炒めます。
  3. ネギを皿に移し、再びフライパンを熱し挽き肉、豆腐を炒めます。
  4. 塩コショウした挽き肉、豆腐を炒めたら、最後に先程の炒めたネギもフライパンに戻し、調味料をいれ味付けします。
  5. ラー油をかけて完成です。

まとめ

小ネギのペットボトル栽培
初心者に分かりやすいレクチャー記事のはずが、イケてる小学生の自由研究みたいになってしまいました。
小ネギは比較的栽培しやすい上に、再生可能で何回か収穫が出来るというのが嬉しいですね。
5月~秋くらいまでは、発芽可能なので何回も作って遊べますよ(^^)では、また。