ローズゼラニウムの剪定の仕方を解説!挿し木や加工品を作ってみよう
《この記事からわかること》

  1. ローズゼラニウムの剪定方法がわかる
  2. ローズゼラニウムの挿し木の仕方がわかる
  3. ローズゼラニウムの食用の仕方がわかる

初夏に爽やかな芳香を匂わせるローズゼラニウム
コンパニオンプランツとしても優秀ですが、今回はローズゼラニウムの剪定の仕方や、挿し木の方法などの手入れの仕方を解説します

ローズゼラニウムとは?優秀すぎるハーブの魅力が爆発

ローズゼラニウムの剪定の仕方_人気のハーブ
蚊除け草としても知られるローズゼラニウムですが、葉を揺すると独特の爽やかな芳香があり、初夏のハーブガーデンでも人気のあるハーブです。
それだけではなく、ローズゼラニウムは花も食べられるので、製菓材料としても使える、優秀な嗜好品原料です。

ローズゼラニウムの剪定方法

鉢物の場合は、基本、草の勢いがなく葉っぱが細かくなってしまい、脇芽掻きしても大きくならない時は剪定した方がよいです。
ローズゼラニウムの剪定の仕方_新しい茎が育ってきた場所
まず、新しい茎が育ってきた場所を確認します。
脇目を生やして、こんもり作りたい場合は新しい茎を幾分残して剪定します。
ローズゼラニウムは多年草なので、多少間違えて切っても枯れることはありませんが、新葉を効率よく残し、古葉、枯花を優先的に剪定します。
ローズゼラニウムの剪定の仕方_風通しをよくする
内側に密生する新葉は、日光があたらないので大きくは成長しません。
鉢植えでは虫害や通気性を考慮して、古い枝も根元から切って、整理していくと、過剰な蒸れを防ぐことが出来ます

ローズゼラニウムの剪定目安

症状別剪定の目安

症状主な原因対処法
水やりしても水揚げが悪い(先端が萎れる)根が巻いている鉢を一回り大きいものに植え替える
下葉の先端が黄色くなる日が当たらない、水分不足下葉をかく、水やりし、根元からかける。
下葉が枯れる、変色する湿気による菌の発生風通しをよくするため葉を間引く
大きくならない、葉が細かい肥料不足化成肥料、又は液肥をあたえる
ボウボウで花が咲かない過繁茂肥料を控える
なんか採りたい本音剪定ハサミを滅菌する

ポイントをおさらい

剪定するポイント
風通しがよくなるように、枝を選んで落としていきます。
特に下葉は、脇芽も多く、すぐに込み入りやすいので、スッキリ剪定してしまいます。

いつがいいか?
なるべく天候がいい日の午前中がおすすめです。
気温や天候が安定している方が、切り口もきれいに乾き、病害虫の被害を受けにくくなります

切ったローズゼラニウムを食用にする

ドライハーブにする以外に何か用途はないものかと思っていたところ、近所のババアが通りかかったので、先程のローズゼラニウムを見せて話を聞いてみることに。

「ババアこれ何に使えばいいっぺかね?」
「うーん、蜂蜜に漬ける、、なんだべなハーブシロップ?、、、洒落れた言いかた、、エディブルハニーティンクスチャー」

ババアその言い方どこで覚えたっぺ、
取り敢えず婆のレシピをのせておくので、興味のある人は作ってみるっぺ。

【材料】

  • ローズゼラニウム・・・4~5枝
  • 蜂蜜・・・150ml
  • 密閉容器・・・200ml以上1個

【作り方】

  1. 朝に採ったローズゼラニウムを洗って、ざるに広げ水気を飛ばす。(水分があるとカビで腐る為)
  2. 容器を煮沸する(これもやらないと白い物体が浮いてくる)
  3. ゼラニウムを蜂蜜に漬け込む
  4. 3日~1週間くらいで香りが移ったら枝を取り除く。

【その他、ローズゼラニウムの用途一例】

  • 琥珀糖
  • ボタニカルキャンドル
  • ティーシュガー
  • ルームフレグランス
  • 製菓材料、トッピング(食用花)
  • ハーブ石鹸
  • ハーブティー
  • ポプリ
  • 蜂蜜漬け
  • 腐葉土

植え替えや剪定後の管理

ローズゼラニウムの剪定の仕方_植え替えや剪定後の管理
直射日光がきつい高温期は、直射日光に当てず、数日してから光に馴らしていくと、萎れたり葉やけしません
水やりも高温の日中は避け朝夕に済ませます
これらは常時必要で、夏場は特に管理しましょう。
挿し木を水耕栽培にする場合は、根が出始めたら移植します。
根が小さいと発根せずに腐りますので、夏場の高温時期は特に注意が必要です。

挿し木にして増やす方法

ローズゼラニウムの剪定の仕方_刺し木にして増やす方法
  1. 若い枝(5cm~)を斜めにカットします。(又は古い茎ごとでもよい)
  2. 切り口に発根剤をつけて専用培養土に指します(画像は、腐葉土+ココピート、バーク)。
  3. 発根したらポットに移して大きくします。

夏場は勢いも旺盛なので、そのままじかに差しても活着します。
春秋は少し根を出してから植えれば、これも大丈夫です。
水やりは乾いてきたり萎れたりしたら噴霧器などで散水します。(底面給水でもよいです)

プロトリーフ
¥449 (2024/06/16 08:17時点 | Amazon調べ)
自然応用科学(Shizennouyoukagaku)
¥699 (2024/06/15 17:29時点 | Amazon調べ)

挿し木の管理

ローズゼラニウムの剪定の仕方_挿し木の管理
挿し木をポットで成長させたら、根が巻いてしまう前に、大きな鉢やプランターに移し変えます
水を多く吸収するので、ペットボトルの底にピンで穴を空け、鉢に差しておけば、随時給水させていくことで手間を省くことも出来ます。

ペットボトルの中身は液肥を薄めていれておくのもよいです。
Youtubeなどで、自家製有機肥料の液肥を作り、直接植物に差していました。
小さなペットボトルだと目詰まりしやすいので、堆肥、液肥として別に作った方が良さそうです。

まとめ 

ローズゼラニウムの剪定の仕方_便利なハーブ
ローズゼラニウムは、とても丈夫なハーブです。
通年常緑の多年草で、香りを存分に楽しめると共に、蚊やボーフラが寄ってこないと言われる便利なハーブです。
捨てるほど増えますので、様々な加工品を作ったり、寄せ植えのコンパニオンプランツとして植えてみたり、色々楽しんでみてくださいね(^^)