シャコバサボテンの育て方と植え替え方法とコツを【写真付きで解説】

シャコバサボテンは、花の少ない冬の時期に開花するので、お部屋が明るい雰囲気になりますね。育て方も易しいので、おすすめです。

今回は植え替えに合わせて、葉摘みの方法とさし芽での増やし方も紹介します。

シャコバサボテンとは?シャコバサボテンの魅力

11月頃からクリスマスの頃に花を咲かせることから、英名をクリスマスカクタスといいます。デンマークカクタスの名前で売られています。

品種改良が進み、花の色も豊富です。赤・ピンク・オレンジ・白色などがあり、豪華な花が魅力的です。

シャコバサボテンの基本情報

学名Schlumbergera
英名Christmas Cactus
科名サボテン科
属名シュルンベルゲラ属
原産地ブラジル

シャコバサボテンの植え替えが必要な理由は?

シャコバサボテンの植え替えが必要な理由
シャコバサボテンは、1年に1回のペースで植え替えをします。限られた土の量で、鉢植えにして育てられますので、肥料分が不足したり、繰り返しの水やりで団粒構造が崩れて、しだいに通気性が悪くなっていきます。

こちらのシャコバサボテンは、折れた茎節を鉢へさし芽したものです。今年もピンクの花を咲かせて元気そうですが、長い間植え替えをしていません。葉も伸びすぎていますね。

今回、葉摘みに合わせて植え替えをすることにしました。

シャコバサボテンの植え替えに適した季節

シャコバサボテンの植え替えに適した季節は、暖かくなった4月です。3月上旬はまだ寒い日もあることから、植え替えはまだおこなわない方が良さそうです。

シャコバサボテンの生育期は、3月から梅雨明けの頃までです。4月、5月に植え替えがまだの場合は、急いでおこないましょう。

シャコバサボテンの植え替えで今回用意したグッズを紹介

シャコバサボテンの植え替えに使ったグッズを紹介します。

  • 鉢底ネット
  • 鉢底石
  • 培養土
  • 赤玉土
  • 化成肥料
  • 固形肥料
  • 割り箸
  • シート
  • さし芽するための鉢

元の鉢の大きさより、ひと回り大きい鉢を準備します。通気性のある素焼き鉢がおすすめです。

鉢底ネット

すでに鉢底の大きさにカットされているものや、鉢底穴の大きさに合わせて自分でカットして使うものもあります。古くなった網戸で代用することもできます。

花ごころ(Hanagokoro)
¥487 (2024/05/15 11:00時点 | Amazon調べ)

鉢底石

シャコバサボテンは多湿に弱いので、水はけをよくするために鉢底石を敷きました。プラスチック鉢を使う場合は、土が乾きにくいので、排水性の優れたビーナスライトを鉢底石の代わりに敷くと良いです。

プロトリーフ
¥766 (2024/05/17 15:56時点 | Amazon調べ)

培養土

土は、元々使っていた配合に近いものの方が活着が良いということです。素焼きの鉢を使う場合、通常の草花用の培養土でもかまいません。またシャコバサボテン専用の土も売られているようです。

赤玉土

水はけがよく、水もちのよい土にします。花の培養土に赤玉土を混ぜて使いました。

化成肥料

シャコバサボテンは比較的肥料は少なめですが、元肥として少量混ぜ込みました。

花ごころ(Hanagokoro)
¥891 (2024/05/18 12:56時点 | Amazon調べ)

固形肥料

生育期の4月から7月の間は、錠剤型の固形肥料を与えます。液体肥料でも良いです。

割り箸

植物を鉢から取り出す時や、土を押し入れる時にも割り箸があると便利です。

シート

レジャーシートやカレンダーなどの大きい紙を敷いて作業すると、後片付けの手間がかからず便利です。

さし芽するための鉢

植え替え前の、元々使っていた鉢を使いました。

シャコバサボテンの植え替え手順

シャコバサボテンを植え替える手順はこちらです。

  1. 鉢を選びます。
  2. 鉢底ネットを敷きます。
  3. 鉢底石を入れます。
  4. 土を混ぜ合わせます。
  5. シャコバサボテンの葉を摘みます。
  6. シャコバサボテンを鉢から取り出します。
  7. 植えつけます。
  8. 摘んだ葉はさし芽しました。

①鉢を選びます

鉢を選びます

元の鉢よりひと回り大きいサイズの鉢を準備します。素焼きの鉢は鉢の側面からも水分が蒸発するため、通気性が良く栽培しやすいので、おすすめです。

プラスチック鉢は乾きにくいので、用土を工夫すると良いでしょう。植え替え前の鉢は、何も考えずにプラスチック鉢でした。用土や水やりのコツ次第で、ちゃんと栽培することができるということですね。

②鉢底ネットを敷きます

鉢底ネットを敷きます

鉢を綺麗に洗い、鉢底穴に鉢底ネットを敷きます。

③鉢底石を入れます

鉢底石を入れます
鉢底石を3cm程の高さまで入れました。

④土を混ぜ合わせます

土を混ぜ合わせます
市販されている花の培養土を使いました。ピートモス、バーミキュライト、鹿沼土が配合されています。

培養土と赤玉土を混ぜ合わせて、少量の化成肥料を加えました。

⑤シャコバサボテンの葉を摘みます

シャコバサボテンの葉を摘みます
植え替え前の写真を見ると、葉が伸びすぎていますね。今年の開花時には、花が下についてしまうほど伸びていて、今回葉摘みをすることにしました。

葉摘みは、毎年3月・4月におこないます。はさみを使わず、葉をねじるようにして、手で切り離します。

⑥シャコバサボテンを鉢から取り出します

ャコバサボテンを鉢から取り出します
植え替えせずに、長い間そのままにしていたせいなのか、なかなか取り出せません。

鉢から取り出したシャコバサボテン

鉢の内側を割り箸でほぐしていくと、取り出すことができました。

⑦植えつけます

植えつけます
根を傷つけないようにしながら、3分の1ほど根鉢をほぐします。そして、植え替え前と同じ高さになるように土を入れます。

割り箸で土をつついて入れる
割り箸で土をつついて、入れていきました。

⑧摘んだ葉はさし芽しました

摘んだ葉はさし芽しました
シャコバサボテンは、茎節を直接土にさしておくと根を出すので、増やすことができます。

摘んだ葉は、しばらく乾燥させてからさし穂します。今回は、さし穂してからしばらく乾燥を続けて、水やりを10日ほど後におこなうことにします。

若い茎節がある場合は取り除き、真ん中のように3節ある場合は1つ取り除いて2節に揃える
右のように若い茎節がある場合は取り除き、真ん中のように3節ある場合は1つ取り除いて2節に揃えます。揃えた茎節を、土にさしておきましょう。

シャコバサボテンの置き場所

またシャコバサボテンは短日植物なので、9月末頃からは12時間以下の日長にすることによって、花を咲かせます。今まで置き場所については、特に考えていませんでしたが、ちゃんと開花していました。

とにかく夜はしっかりと暗くなる場所に置くということですね。夜間、段ボールで覆ってあげる方法もあるそうです。

シャコバサボテンの植え替え完了!管理について

シャコバサボテンの植え替え完了
植え替え後はたっぷりと水やりをして、植え替え完了です。暖かくなった4月頃に植え替えをおこなうと、生育期の7月あたりまでは茎節が1か月に1枚のペースで伸びます。

生育期の間は、肥料を月に1回のペースで与えます。固形肥料を少量置くと良いでしょう。液体肥料を水やりの時に薄めて与えるのも良いですね。

シャコバサボテンは夏の間、生育を休止します。できるだけ涼しくて、風通しの良い日陰に置き、水やりは控えめにしましょう。

今回は、さし芽もおこないましたので今後の成長がとても楽しみです。