殺虫剤オルトラン粒剤の使い方|オルトランを使用した野菜は食べられる?

オルトラン粒剤とは?

オルトラン粒剤は、アブラムシやネキリムシ、アオムシなど、ガーデニングや家庭菜園でよく見る害虫からの被害を予防・駆除できる殺虫剤です。

優れた浸透移行性と残効性があり、作物のすみずみまで成分が行き渡り効果の持続期間が長いのが特徴です。

オルトランには水和剤と粒剤の2種類があり、粒剤は粒状になっているので、そのまま撒くだけで使用できます。

オルトラン粒剤の毒性|使用した野菜は食べられる?

オルトラン粒剤を使用した野菜は食べられるのか、心配になってしまう方もいるのではないでしょうか。

家庭菜園で作った野菜は、自分だけでなく家族や子ども食べるとなると、安全なものかどうか気になりますよね。

オルトラン粒剤は、人体に与える影響を実験などで確認済みです。

決められた使用量や使用回数などを守って使えば、安全だといえるでしょう。

オルトラン粒剤の使い方

オルトラン粒剤の使い方には、植穴処理、株元散布、作条散布などの方法があります。

植穴処理

苗を植える場所に穴を開けます。
オルトラン粒剤の使用量を量り、穴の中にオルトラン粒剤を入れます。
その後、穴に土を少量入れて、オルトラン粒剤と土を混ぜます。
最後に、苗を穴に入れて適度に水を与えます。

株元散布

株の周りにオルトラン粒剤を散布し、適度に水を与えます。

作条散布

種を植える予定の場所に、少し幅を持たせてオルトラン粒剤をすじ状に撒きます。
レーキなどでオルトラン粒剤と土を軽く混ぜます。
種溝を掘って種を撒き、適度に水を与えます。

オルトラン粒剤で駆除できる害虫

オルトラン粒剤で駆除できる害虫や使用方法は、以下の通りです。

作物名適用
病害虫名
使用量使用時期本剤の使用回数使用方法アセフェートを含む農薬の総使用回数
キャベツアオムシ
コナガ
ヨトウムシ
アブラムシ
ネキリムシ
3〜6kg/10a
(1〜2g/株)
定植時1回植穴処理2回以内
(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は1回以内)
アザミウマ類6kg/10a
(2g/株)
アブラムシ6g/m2育苗期散布
トマトアブラムシ
オンシツコナジラミ
3〜6kg/10a
(1〜2g/株)
定植時作条散布
又は植穴処理
1回
きゅうり
なす
アブラムシ
アザミウマ類
オンシツコナジラミ
ピーマンアブラムシ2g/株株元散布
はくさいアオムシ
コナガ
ヨトウムシ
アブラムシ
ネキリムシ
3〜6kg/10a
(1〜2g/株)
植穴処理
ブロッコリーヨトウムシ
アザミウマ類
ネキリムシ
6kg/10a
(2g/株)
株元散布
だいこんアオムシ
コナガ
アブラムシ
3〜4kg/10aは種前作条散布
かぶアブラムシ4kg/10a収穫21日前まで
ごぼう3〜6kg/10a収穫75日前まで
れんこん4kg/10a収穫14日前まで2回以内散布2回以内
無人航空機
による散布
ばれいしょ3〜6kg/10a
(1〜2g/株)
植付時1回作条散布3回以内
(植付時の処理は1回以内、植付後は2回以内)
えだまめハスモンヨトウ3〜6kg/10a収穫21日前まで3回以内生育期株元散布3回以内
なばな類アブラムシ6kg/10a定植時1回植溝土壌混和1回
は種時播溝土壌混和
こまつなは種前
花き類・観葉植物
(きく、宿根スターチス、カーネーション、アリウム、たであいを除く)
アザミウマ類
アブラムシ
3〜6kg/10a発生初期5回以内株元散布5回以内
ヨトウムシ類6kg/10a
宿根
スターチス
アブラムシ
アザミウマ類
3~6kg/10a
コガネムシ類幼虫
ヨトウムシ類
6kg/10a
カーネーションアブラムシ
アザミウマ類
3~6kg/10a
コナガ
ヨトウムシ類
6kg/10a
アリウムアブラムシ
アザミウマ類
3~6kg/10a
ネギコガ
ヨトウムシ類
6kg/10a
きくアブラムシ
アザミウマ類
3~6kg/10a
ネキリムシ
ハモグリバエ類
ヨトウムシ類
6kg/10a
つつじ類ツツジグンバイ12kg/10a
さくら(幼木)ケムシ類生育期
さざんか
たであいアブラムシセル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30x60cm、使用土壌約1.5〜4L)当り50g定植時1回本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの上から均一に散布する。1回
6kg/10a株元散布1回
いぐさイグサシンムシガ4kg/10a生育期2回以内湛水散布2回以内
スジキリヨトウ
シバツトガ
10kg/10a発生初期5回以内全面散布5回以内
タマナヤガ5〜10kg/10a
たばこヨトウムシ
ネキリムシ
アブラムシ
アザミウマ類
ジャガイモガ
ヤサイゾウムシ
3〜6kg/10a移植前1回作条散布後
土壌混和
2回以内
アブラムシ本畑初期株元散布

引用:Alysta LifeScience オルトラン粒剤

散布後の「ネキリムシ」「アオムシ」「アブラムシ」への効果

ネキリムシへの効果

アオムシへの効果

アブラムシへの効果

効果がでる期間

オルトラン粒剤を撒いてから効果がでるまでには、約1週間程度かかります。
殺虫剤の成分が少しずつ土や植物に浸透していくため、効果を感じるまでに少し時間がかかります。

また、オルトラン粒剤の効果は約1ヶ月程度持続します。
害虫が増える時期には、1ヶ月に1回のペースで使用すると良いでしょう。